超簡単!確定申告書の書き方~副業サラリーマン向け~【画像解説】

副業サラリーマンには「振替納税」がオススメ!

ここからは納税についてです。
こちらは「納税」することになった場合の画面です。
まず、納税方法の説明画面が表示されますので、ここで「振替納税」を選択することをお勧めします。
振替納税の場合、自動引き落としになるので、納税の手続きが必要なく便利です。

「振替依頼書を作成する」をクリックした場合、口座情報の入力画面に移ります。
「利用税目等」のすべてのチェックボックスにチェックが入っているので、必要ない項目を外します。
副業の収入が1,000万円を超えない範囲ならば、「消費税及び地方消費税」のチェックを外して、「申告所得税及び復興特別所得税」のチェックを残します。

こちらは「還付」になった場合の画面です。
戻ってくる税金が入金される口座情報を入力します。

ここから先は、納税の場合も還付の場合も同じです。
個人情報を入力します。

提出先税務署は、お住まいの住所地を管轄する税務署です。

マイナンバーを入力して、申告書の作成は終了です。

「帳票表示・印刷」をクリックすると、画面下にPDFファイルが出現します。
このPDFファイルを印刷します。

これが最後のページです。
今まで入力したデータを保存するか選択します。
保存する場合は、データをダウンロードすることになります。翌年の確定申告書作成の際に、アップロードすることができます。
また、先ほど印刷した確定申告書に押印する箇所がありますので、手順に従って押印してください。押印が済みましたら、表示されている添付資料を準備します。
先ほど、プリントアウトした添付書類台紙に本人確認書類と添付資料を貼り付けます。
振替依頼書は貼り付けないので注意してください。

確定申告書は郵送できるが、方法によっては利用できないので注意!

ここからは確定申告書の提出方法についての説明です。
電子申告をしない方法を選択しているので、税務署に持参するか、郵送となります。

郵送の場合は、郵便(第一種)信書便レターパックプラスレターパックライトのいずれかで送ります。宅配便、ゆうパック、メール便は利用できませんので注意してください。

「自分の宛名を書いて切手を貼った返信用封筒」を同封して送りましょう。
後日、税務署の受付印が押された申告書の控えが戻ってきます。
確定申告書の提出は、2019年2月18日(月)から3月15日(金)までの間に行います。

続いて納税方法の説明です。
先ほど、プリントアウトした「振替依頼書」を申告書と一緒に提出すれば、2019年4月22日(月)に指定した口座から引き落とされます。

終了をクリックして確定申告書の作成は完了です。

サラリーマンも確定申告書の書き方をマスターしよう!

副業を容認する企業はどんどん増えており、これまで確定申告に無縁だったサラリーマンの方でも、確定申告書の書き方を覚える必要が出てくる時代となりました。ただし、最近は難しい計算も不要なため、忙しいサラリーマンの方でも手軽に確定申告の手続きを済ませることができます。一度やってしまえば簡単にマスターできる確定申告書の作成。今回の記事が、その助けになれば幸いです。

<<関連記事 【会社員向け】副業の確定申告の疑問を税理士が徹底解説!はコチラ>>

◇畠山 亮洋(はたけやま・あきひろ)
税理士
株式会社セルフオーディット代表取締役
1979年東京都生まれ。食品メーカーで営業、税理士法人で管理職を務めたのち独立。
現在は主に若手ベンチャー企業と外資系企業のサポートに従事。税務業務のみならず、業務フローの構築や、会社の仕組みづくりなど、クライアントと一緒に築き上げる仕事に力を入れている。

ページ:
1 2

3

月間人気記事ランキング

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP