デキるビジネスパーソンは知っている。正しく「大人な」言葉遣いと言い回し

「はじめまして」「ありがとうございます」をカッコよく言えますか?

あなたは言葉(フレーズ)の引き出しに自信がありますか?ビジネスパーソンは使えるフレーズが多ければ多いほど、コミュニケーションの幅が広がり、周囲から好意や信頼を得やすくなります。状況や相手に応じた最適なフレーズを使うことで、相手に「気のきいたモノの言い方ができる」「語彙力や教養がある」と好印象を与え、「仕事がデキる」と評価されるのです。(伝える力【話す・書く】研究所所長 山口拓朗)

様々なビジネスシーンで求められる「大人な」言葉遣い

たとえば、わざわざ相手が来てくれたことへの感謝を示したいときに、「どうもありがとうございました」と伝えることは子供でもできるでしょう。ただし、「大人な言葉遣い」を駆使すれば、もっといい印象を相手に残すことができます。

「〔お越しいただき/ご足労いただき/足をお運びいただき〕、ありがとうございます」

こう伝えれば、相手に感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。

さらに、これらの言葉の直前に「ご多忙のところ〜」「お忙しいところ〜」「ご多用のなか〜」「遠方にもかかわらず〜」などのフレーズを組み合わせることで、謝意のレベルが格段と上がります。相手が「この人は、こちらが出向いたことに心の底から感謝してくれているのだな」と認識すれば、あなたへの好意や信頼がグッと高まるはずです。

礼節や品格、マナー、相手への配慮などが重視されるビジネスシーンでは、その場にふさわしい「大人な言葉遣い」が求められることが少なくありません。接客や営業など、お客様と接する仕事であればなおのこと。高い成果をあげていくうえで、「大人な言葉遣い」ができるか否かは、軽視できないほど大きな差を生みます。今回は、「出会い、別れのあいさつ」や「お礼、感謝のフレーズ」を中心に、正しく「大人な」言葉遣いのバリエーションをお伝えします。

第一印象をガラッと変える一言「お会いできて光栄です」

初対面でのオーソドックスなあいさつは「はじめまして」ですが、その直後に
「お会いできて〔光栄です/嬉しいです〕」
と添えるだけで、第一印象がグッと良くなります。目上の人に対しては、「お初にお目にかかります」という敬語表現も使えます。あいさつのタイミングを逃したときは、あとから「申し遅れました。小林と申します」とリカバリーすればOKです。

久しぶりに会う人には、「ご無沙汰しております」や「しばらく(ぶり)でございます」などのあいさつが定番です。

その直後に
「お元気でいらっしゃいますか?」
「お変わりございませんか?」
と添えると、気遣いが伝わり、心と心の距離が一気に近づきます。

事前に相手の活躍ぶりが耳に入っているケースでは、
「ご活躍との噂をうかがっております」
「お変わりなくご活躍の様子でなによりです」
などの言葉をかけると、話が弾みやすくなります。

普段からお世話になっている方に対しては、つい「お世話になっております」で済ませてしまいがちですが、続いて、具体的な感謝の言葉を口にすると、相手も喜ぶことでしょう。基本は「いつも○○いただき、ありがとうございます」です。○○には「お力添えご協力お気遣いお心遣いお助け」などの言葉を入れます。もちろん、より具体的に「いつも魅力的なデザインを考えていただき、ありがとうございます」「いつも的確なフィードバックをいただき、ありがとうございます」のような伝え方ができればベターです。

別れ際に使える「失礼します」「お疲れ様でした」以外の言い回しとは?➡

ページ:

1

2

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP