集客力抜群の「ポーカー」は、IRを満室にする「切り札」イベントだ!

東大卒ギャンブルライター片山真の「カジノの掟」 第六回

近年、グーンと伸びているのが「eスポーツ」。
世界の競技人口は1億人を超え、市場規模は1,000億円に迫るといわれる。アジア大会でも公開競技に採用され、国際レベルでは賞金総額が数千万円になる大会も出現してきた。
ただちょっと待てほしい。カジノには〝マインドスポーツ〟の大先輩が、ドーンと控えている。
そう、だれもが名前を知っている「ポーカー」だ。
連載第五回はコチラ

カジノで「将棋」や「囲碁」の取り扱いは?

2018年7月に公布された『特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)』では、「カジノ行為とは・・・」として、以下のように定義されている。
『カジノ事業者と顧客との間、又は顧客相互間で(中略)、偶然の事情により金銭の得喪を争う行為』と。
「得喪(とくそう)」とは「得ることと失うこと」の意味で、簡単に言えば後半部は〝運まかせで勝ち負けが決まるゲーム〟ということを指している。
となると、まず除外されるのが「将棋」と「囲碁」だ。
「偶然の事情」によらない、スキルの違いで勝負が決まるゲームは、勝つ人がほぼいつも決まってしまい、ギャンブルの対象にならない。
例えば、藤井聡太七段レベルの棋力の持ち主(本人は二十歳未満だからまだカジノに入れないが・・・)に、一般の腕自慢が「賭け将棋」を挑んでも、まず勝つことはムリ。駒落ちというハンデキャップ戦はあるものの、お金がかかる状況下で、公正な手合割を決めるのは難しい。同じ理屈で、グローバルにプレーされている「チェス」もアウト。絶対的なプロが存在し〝完全情報ゲーム〟と呼ばれる「実力差の出やすいゲーム」は、カジノでは遊べない。

さて「ポーカー」が採用される理由

先の法律の条文に戻ろう。
前半部に「又は顧客相互間で」とあるところがポイントだ。この言葉によって、カジノ対お客のゲームだけでなく、客同士の「取り合い」も法律で認められることになる。
条文のこの部分は、間違いなく「ポーカー」を強く意識してのもの。
「ポーカー」は集客能力が高く、大きなイベントを開くことのできるゲームである。カジノの「売り物」を、法律でハナから除外するわけにはいかないのだ。

世界で最も歴史があり、最も大きな大会が、毎年6月を中心にラスベガスで行われている「ポーカー世界選手権」(World Series of Poker=WSOP)だ。
1970年にスタートして、今年がちょうど記念の第50回大会。リオ・オールスイート・ホテル&カジノを舞台に、5月28日から7月16日まで、50日間のロングランで行われる。

かつてのWSOPは、最低バイイン(参加費)が1,000米ドルから1,500米ドルあたりが相場だったが、今年は50周年に合わせたのだろう、参加費500米ドル(約5万5000円)というお手軽なイベントも、開幕を祝うシリーズに組みこまれている。

→優勝賞金10億円の「ポーカーイベント」も・・・

ページ:

1

2

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP