トリドールHD、インドの投資ファンドに出資

1月10日のM&A情報 2.トリドール
トリドールHD、インドの投資ファンドに出資

東証1部上場でセルフ式うどん店「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングス(トリドールHD)は10日、同社が目標とする2025年度の世界6,000店舗体制を実現するため、13億人を超える生活者が存在する巨大市場インドで、KalpavrikshFund(カルパヴリキシファンド)に、日本の外食企業として初めて1億インドルピー(約1億5,000万円)の出資を決定したと発表した。

カルパヴリキシファンドは、多様な金融サービスを提供するインド最大級の現地金融機関Centrumが組成する投資ファンド。2021年には4兆9,800億インドルピー(約7兆4,700億円)規模に達すると予測されるインド外食市場への投資も視野に設立されたプライベートエクイティファンドで、最大50億インドルピー(約75億円)の資金調達を目指している。

トリドールHDは今回の出資により、投資として利益を得ることは勿論のこと、インド国内の外食トレンドをはじめ現地での出資候補やパートナーとなり得る有力企業の情報収集も目的としている。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP