オリコ、ワークシェアリングアプリ提供のタイミーへ出資

1月10日のM&A情報 1.オリコ
オリコ、ワークシェアリングアプリ提供のタイミーへ出資

東証1部上場の信販会社、オリエントコーポレーション(オリコ)は10日、2018年4月に組成したOricoDigitalFundを活用し、ワークシェアリングアプリを提供するタイミーへ出資したと発表した。タイミーの普通株式を第三者割当増資により取得する。取得価格は公表していない。

タイミーは、面接や応募をすることなく働きたい人と働き手の欲しい店舗を自動でマッチングするワークシェアリングアプリ「Taimee(タイミー)」を開発、運営している。「この時間だけ働きたい」という働き手は時間や場所、業務スキルなどを投稿し、企業や雇用主は時間や時給などの労働条件を提示することで、これまで可視化されなかった「実は働ける時間」を有効に使うことができる。国内の多くの企業が抱える人手不足問題の解消につながる新しい働き方として、学生を中心にユーザーが拡大している。

オリコは、タイミーの事業成長性やタイミーとのシナジー効果を期待しており、「Taimee」を利用するユーザーへの金融サービスの提供や、協業に向けたさまざまな検討をタイミーと共に進めていく考えだ。

月間人気記事ランキング

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP