大塚家具が中国の家具販売会社と業務提携、資本提携も今後検討

12月21日のM&A情報 3.大塚家具
大塚家具が中国の家具販売会社と業務提携、資本提携も今後検討

大塚家具は21日、中国の家具販売大手Easyhomeと業務提携すると発表した。資本提携についても検討していくことで合意していると発表した。

Easyhomeは、2017年末時点で中国本土に223の実店舗を運営している。また、Easyhomeはアリババグループと戦略パートナーとして業務提携を行っており、18年2月にアリババグループはEasyhomeに54.53億元(約889億円)を投資し同社の発行済株式総数の10%の株式を保有している。

今回の提携により、大塚家具は、Easyhomeの持つECビジネスのノウハウを通じた中国本土への大塚家具商品の販売や、将来的な中国本土での出店などを見込んでいる。またEasyhomeの知名度を生かし、訪日中国人客への販売にも期待を込めている。

一方Easyhomeは、大塚家具の接客ノウハウや仕入業務を中国本土で展開することに大きな可能性があると判断した。

(写真はイメージ)

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP