『トリプルゼロ?』には近づくな!お上りさんをカモる怖い新型ルーレット

東大卒ギャンブルライター片山真の「カジノの掟」 第五回

ルーレットのルールも、欧州と米国では微妙に異なる!

ラスベガスなど、世界中のカジノの多くで使われているのは「アメリカンルーレット」。赤と黒に塗り分けられた1から36の数字と、緑色の「0」と「00」、合計38個の数字が円盤状に配置された〝ダブルゼロ〟タイプだ。

『アウトサイドベット』と呼ばれる「赤/黒」「奇数/偶数」「ハイ/ロー」は、当たる確率が約1/2で、それに2倍の配当がつく。
一方、出る数字をピンポイントで狙うのが『インサイドベット』だ。様々な賭け方があるが、的中確率が約1/36の「1点賭け」は36倍。6つの数字に賭ける「ライン」は確率約1/6のところに6倍の配当がつく。
実は数学的には、1点勝負であろうが、多くのチップをばらまいて広く網を張っても同じで、あとはもう運任せ。
戻ってくる配当の期待値は変わらない。

ヨーロピアンは「ゼロ」が一つで有利

では、カジノの取り分はどこに隠されているか。
客が「0」か「00」以外の数字、あるいは『アウトサイドベット』に賭けていて、いずれかの「ゼロ(緑色のスポット)」に玉が落ちたときは『親の総取り』になる・・・というルールだ。
この「緑のゼロ」こそがカジノの利益を生む。

「ダブルゼロ」の場合、1~36の数字と「0」と「00」で、合計38個の枠がある。そのなかで『外れ』は2カ所。ハウスエッジは2/38で5.26%だ。これを100から引いて、こちら側の払戻し率は94.74%。
大きな勝負をかけた時に「0」「00」が出たときはダメージが残るものの、この2点だけケアしていけば、結構、長く遊ぶことができる。

アメリカンよりヨーロピアン

また、欧州のカジノに置かれている「ヨーロピアンルーレット」には『外れ』の「0」が1カ所しかない。そのおかげでハウスエッジは1/37=2.70%に下がり、払戻し率は97.30%まで上がる。
つまり、カジノでルーレットを楽しむなら「ダブルゼロ」より「シングルゼロ」の方が我々にとって有利な条件だ。もし、一つのカジノで2種類のタイプを見かけたら、迷わずシングルゼロ・テーブルを選ぶべし!

そしてトリプルゼロは……?!

危険な「トリプルゼロ」の台

ここまで書けば『トリプルゼロ』が何か、ピンときたのでは・・・。
そう、最近のラスベガスでは「0」「00」に加えて、「000」という3カ所の『外れ』があるルーレット台が、広がりをみせているのだ。

ラスベガスの老舗カジノ「シーザーズパレス」の人通りの多い通路に面したルーレット6台のうち「1台がトリプルゼロだ」という情報も入ってきた。
前記2種類のルーレット台を同じように、こちらの期待値を計算しよう。
今度は数字が39カ所になって、その中に『外れ』が3カ所ある。外れる確率=控除率は3/39=7.69%。
まあ、これでも期待値は92.31%あるものの、何もわざわざ、分の悪い勝負に、こちらから飛び込むことはない。
期待値の差はわずかに思えても、ゲームの回数が増すにつれて、この違いがジワジワと効いてくる。
だから「トリプルゼロに近づくな!」なのである。

少しでもこの仕組みを知っている人は、こんな『罠』にハマることはないのだが、たまたま通りかかった観光客が、「あ、ルーレットだ。ちょっとチャレンジしてみよう」と持ち金をチップに交換してくれれば、カジノにすればシメたものだ。こうしたお上りさんが、カジノの収益アップに貢献してくれるのだ。
実際「シーザーズパレス」のトリプルゼロ台のそばには、ダブルゼロ台が設置してあるのだが、どちらの台でもお客さんがプレーしていた。運良くトリプルの方で最初に当たった人が、台やディーラーとの「相性が良い」と感じで、取り組んでいたのかもしれない。

そうした中、賢い我々が目指すのは、運のゆらぎに飲み込まれない『勝ち組』になることでしたね。
カジノのことを学びながら、「勝ち目」のあるゲームを選ぶシリーズ。まだまだ続きます。

◇片山 真(かたやま まこと)
ギャンブル・ライター、競馬ジャーナリスト
1961年生まれ。東京大学農学部畜産獣医学科卒、同大学院修士課程修了。夕刊紙で本紙予想を14年間担当し、現在は夕刊フジで週末の競馬予想を展開している。カジノ歴は28年、デビューはマカオのリスボア。主戦はブラックジャックで、ドイツ・バーデンバーデンのカジノがお気に入り。海外遠征回数は3ケタを数える。

ページ:
1

2

月間人気記事ランキング

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP