三菱商事、炭素繊維の再資源化事業会社の株式を取得

12月14日のM&A情報 1.三菱商事
三菱商事、炭素繊維の再資源化事業会社の株式を取得

三菱商事は14日、ドイツELG Haniel GmbH社(ELG)から、炭素繊維の再資源化事業会社であるELG Carbon Fibre Ltd.社(ECF)の株式の25%を取得し、事業参画に合意したと発表した。取得価格等は公表していない。

炭素繊維は高強度かつ軽量な素材を必要とする航空機、風力発電等の産業で活用されている。また、自動車業界では車体のマルチマテリアル化による軽量化が重要な課題となっており、今後、炭素繊維のニーズが更に高まると見られている。

ECFは炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の端材等を再資源化する独自の技術とノウハウを有している英国の製造販売会社。世界で初めて商業生産ベースで二次加工(リサイクル)炭素繊維の安定生産を実現し、自動車産業や電子材料産業向け等に供給している。

三菱商事は、今回の事業参画により、ECFのグローバルな事業展開と二次加工炭素繊維の安定供給を確立し、持続可能な産業発展と低炭素社会の実現に向け貢献していく考えだ。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP