「高輪ゲートウェイ」「虎ノ門ヒルズ」……ダサいカタカナ駅名が増える理由とは?

カタカナ駅名は平成以降急増

私鉄にも目を向けると、首都圏のカタカナ駅名は結構たくさんある。「越谷レイクタウン」(JR武蔵野線)、「とうきょうスカイツリー」(東武伊勢崎線)、「流山セントラルパーク」(つくばエクスプレス)、「品川シーサイド」(りんかい線)、「天王洲アイル」(りんかい線・東京モノレール)、「東京テレポート」(りんかい線)、「テレコムセンター」(ゆりかもめ)。これらはすべて平成以降につけられたカタカナ駅名だ。

天王洲アイルの遊歩道

昭和以前のカタカナ駅名では、「京王多摩センター」(京王相模原線)や「小田急多摩センター」(小田急多摩線)、「たまプラーザ」(東急田園都市線)がある。

ちなみに、日本ではじめてのカタカナ駅名は、1961年開業の富士急行「ハイランド」である。理由はもちろん、「富士急ハイランド」の最寄り駅だからだ。現在は「富士急ハイランド」と施設名そのままのカタカナ駅名となっている。
なぜカタカナ駅名が増えたのか?➡

ページ:
1

2

3

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP