オリックスが酪農機械の輸入販売企業へ出資

12月5日のM&A情報 2.オリックス
オリックスが酪農機械の輸入販売企業へ出資

オリックスは5日、酪農機械の輸入販売などを手掛ける国内大手のコーンズ・エージーへ出資すると発表した。現株主との間で株式譲渡契約の締結を完了し、2018年12月中をめどにコーンズ・エージーの発行済み全株式を取得する予定。取得価格は公表していない。

コーンズ・エージーは、酪農機械や農業関連機械の輸入・販売、設置・施工、メンテナンスを手掛けるトータルエンジニアリング会社。欧米諸国を中心とする酪農先進国の生産効率を日本で実現できるように、世界中からさまざまな商品を輸入し、粗飼料収穫から搾乳・糞尿処理に至るまでの一貫した生産体系の構築と普及に貢献してきた。中でも、搾乳ロボットに関しては1997年の日本初導入時から取り扱っており、現在約7割の国内販売シェアを有している。

日本では、後継者不足や人手不足から、酪農家数が09年の23,100戸から18年2月現在で15,700戸へと減少している。一方で、政府が年750万トンの生乳生産量目標を掲げており、生産量を向上させるために大規模化・機械化による省力化や収益性向上が喫緊の課題となっている。そのため、コーンズ・エージーが得意とする搾乳ロボットは、生乳生産現場における課題解決の手段として、今後も導入の拡大が期待されている。

オリックスは、今回の出資後、コーンズ・エージーの経営の独立性を維持しつつ、他の酪農関連事業者とのアライアンスや資本業務提携など、コーンズ・エージーの成長や酪農産業の発展に向けたさまざまな施策の立案・実行をサポートするとともに、コーポレートガバナンスの高度化など、企業価値向上を支援する考えだ。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP