意外!?「昭和」な感じだけど実は「平成生まれ」の商品・サービス9選!

「おーいお茶」も「カルピスウォーター」も!

2018年も残すところあと1か月を切りました。来年はいよいよ「平成」最後の年となります。そこで今回は、「昭和のイメージが強い」けれど、実は”平成生まれ”の意外な商品・サービスをご紹介します。(Soysauce Magazine Online編集部)

①カルピスウォーター

まず‶平成生まれ″と聞いて驚く商品の代表格は、「カルピスウォーター」(アサヒ飲料)ではないでしょうか?

日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が発売されたのは大正8年(1919年)までさかのぼります。長らくはビン詰めの原液で、水で薄めて飲む必要がありました。その工程を省いた「カルピスウォーター」が登場したのは平成3年(1991年)のこと。爽やかな味わいと手軽に飲めるありがたさから、一躍大ヒット商品となりました。

後藤久美子さんや内田有紀さん、長澤まさみさん、最近では永野芽郁さんらを起用したテレビCMは、ブレイク前の若手女優の登竜門と言っても過言ではありません。

②お~いお茶

平成元年(1989年)に「缶入り煎茶」の商品名変更で発売された「お~いお茶」(伊藤園)は、「暖かいもの」というこれまでの緑茶の概念を覆し、冷たい緑茶を世に広めるきっかけとなりました。

平成2年(1990年)には世界初のペットボトル入り緑茶として業界に革命を起こし、平成12年(2000年)にはホット専用のペットボトルを発売。今年で29回目を数えた「俳句大賞」とともに、食卓に安らぎを与えています。

③C.C.レモン

炭酸飲料として今でも根強い人気の「C.C.レモン」(サントリー)は平成6年(1994年)に発売されました。「レモン50個分のビタミンC」を誇り、特徴的なテレビCMとともに時を経ても大人から子どもまで幅広く愛されています。

④キリン一番搾り

宴会の席では不動のレギュラーと言える「キリン一番搾り生ビール」(キリン)が世に送り出されたのは、平成2年(1990年)です。その名の通り、麦から最初にこぼれるうまみの詰まった一番搾り麦汁のみでつくる製法で、雑味のない上質な味わいを生み出しました。

パッケージデザインを毎年のように変える工夫も施し、現在では40か国以上で販売され、世界中のサラリーマンの喉を潤し続けています。

ページ:

1

2

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP