富士フイルムが中国の代理店に出資

12月3日のM&A情報 1.富士フイルム
富士フイルムが中国の代理店に出資

  1. 富士フイルムが中国の代理店に出資
  2. 伊藤忠商事、米国の住宅用太陽光発電事業会社に出資

富士フイルムは3日、中国市場で富士フイルムの写真用製品の代理店を営むYestar Healthcare Holdings Company Limited(イエスター)の第三者割当増資を引き受け、約60億円を出資すると発表した。今後、必要な手続きを経て、同社全株式の9.56%を保有する。

イエスターグループは、中国で富士フイルムの医療用X線フィルムや写真用製品、工業用フィルムの加工や販売などを手掛けている。富士フイルムは、今回の出資により、イエスターグループとの医療機器事業の提携関係を強化し、富士フイルムの幅広い製品・ソリューションを中国に広く提供していいく考えだ。さらに、将来的には、中国市場に合わせた製品を同社と共同で開発していくことも検討していく。

  1. 富士フイルムが中国の代理店に出資
  2. 伊藤忠商事、米国の住宅用太陽光発電事業会社に出資

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP