個人情報保護法対策、あなたの会社は万全ですか?

世界基準に合わせる個人情報保護の動き

そもそも今回の個人情報保護法の改正は、ビッグデータの活用を企業が円滑にできるようにすることが大きな目的でした。ただし、2005年に全面施行された日本の同法のペナルティが甘すぎるという批判が世界から相次いだため、いよいよ世界基準に合わせたという見方もあります。

今年5月から適用されたEU一般データ保護規則、通称「GDPR」の厳しい罰則が話題となっていますが、それだけ世界では、特に欧州では企業の個人情報の管理について厳しくみられる時代だということです。グローバルでは、履歴書に写真を貼らないことはおろか、性別や年齢、生年月日なども記載しないのがスタンダードです。

海外の話をされてもピンと来ない方は多いでしょう。しかし、たとえば欧州出身者のお客さんが書いた会員カードや契約書などには、個人情報が多分に含まれます。通信販売で海外のお客さんが商品を購入することも珍しくありません。こうしたケースでもGDPRの対象になるのですから、海の向こうの法律であっても軽視はできないのです。

固定ページ:
1

2

3

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP