旭化成ホームズ、米のプレハブ建築部材サプライヤーを買収

11月5日のM&A情報 他1件
旭化成ホームズ、米のプレハブ建築部材サプライヤーを買収

旭化成ホームズは5日、米国子会社を通じて、戸建住宅ビルダーへのプレハブ建築部材の提供を行う米Erickson社を買収すると発表した。買収金額等は開示していない。

Erickson社は、米国で木造戸建住宅の壁や屋根をパネル化し製造・販売・施工する部材サプライヤー。パネル化した部材を用いることで施工の合理化を図ることに強みがあり、戸建ビルダーへの供給を年間3,000棟相当以上行っている。

旭化成ホームズは、海外事業を新規事業の柱の1つに位置付けており、昨年、豪州の住宅会社McDonald Jones Homes Pty Ltdと資本提携し、北米での展開についても検討してきた。今回の買収で、「ヘーベルハウス」の「工業化」ノウハウにより、Erickson社の製造・施工のさらなる合理化を実現し、米国住宅市場における新たな価値の創出を目指す考えだ。


ユニー・ファミマHDと伊藤忠商事、送金・決済アプリの「プリン」に出資

伊藤忠商事とユニー・ファミリーマートホールディングス(ユニー・ファミマHD)は5日、送金・決済アプリ「pring(プリン)」を運営するpringに出資したと発表した。出資金額などは開示していない。

「pring」は、銀行口座と連動させることにより、アプリへのチャージ、ユーザー間の送金、店舗決済、銀行口座への出金といった機能を全てユーザー手数料無料で利用可能な、日本で唯一の送金・決済サービス。

伊藤忠商事は、送金、決済、資産運用、保険といった様々な商品・サービスを顧客のニーズに合わせて提供する独自の金融事業を展開しており、「pring」と機能を相互活用することにより、更に顧客利便性の高い次世代金融サービスを提供していくことが可能と考えている。ユニー・ファミマHD傘下のファミリーマートは、2018年12月4日よりバーコード決済サービスをコンビニエンスストア最大級の規模で開始する予定で、「pring」については、11月中を目処に伊藤忠本社ビル内ファミリーマートの店舗に導入し、順次店舗を拡大する計画。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP