人は何のために働くのか:人事管理の根本

中島豊の「新しい人事部」の作り方 企業は「人」でできている【その3】

第二回 「組織なき幸せ」~人事管理3.0 はコチラ

宝くじ当選で「辞める!」と社員は言い出すのか?

「If she won lottery…」(もし、あの人が宝くじに当たったら・・・)という言い回しがあります。これは外資系企業で、主要な人材が万一退職してしまった時に備える「後継者計画」(サクセッション・プラン)を作成する時に、良く使われる言葉です。
以前は「もし、バスに轢かれたら・・・」という言い回しを使うことが多かったのですが、これはあまりに「不適切な表現」と思われるようになったのでしょう。

「あの人が万一、宝くじに当たってしまうと会社を辞めてしまうから、後任となり得る人材を、予め指名して育成していこう」という事で作られるのが「後任者計画」です。
この「人材のリスク管理」の詳細は、またの機会に譲りますが、今回は「宝くじが当たって大金が手に入ると、人々は本当に働かなくなるのか?」もしくは「人は何のために働くのか?」についてのお話しです。

確かにお金は、人びとの行動に何らかの影響を与えます。
伝統的な経済学は「お金で買えない物はない。すべての物は、金銭的な価値に置きかえる事ができる」という前提で考えられてきました。その上、キリスト教(特にカトリックで強く)の世界では「働くこと」つまり「労働」とは「神から与えられた罰」であると考えます。最初の人間が「神が禁じた木の実」を食べたために、結果として「エデンの園」から追放されてしまい、その後、楽園の外で苦労して働きながら、ついには死する運命的に至ったのだと、旧約聖書に記述があるからです。

そのため、西洋文化の影響を強く受けた伝統的な経済学では、普通の人は、生きていくために必要十分なお金が手に入れば「苦労して働く必要はない!」と判断して「仕事をやめる」だろうと考えます。

しかし「働くことを継続するかどうか?」という判断の「基準」となるのは「お金」が全てなのでしょうか?働くことは苦しみなのでしょうか?
人間はお金のためのみに働くのでしょうか?

働く理由は「ひとそれぞれ」だった!

この点について、1924年から32年まで米国のシカゴ郊外にあるウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われた、仕事の生産性やモチベーションに関する一連の実験(ホーソン研究)は「金銭的な報酬よりも、人間関係が人々の生産性に影響する」ことを明らかにしました。
また、キリスト教でも、あのマザー・テレサが「一切れのパンではなく多くの人は、愛に、小さな微笑に、飢えているのです」と言っています。

「安全で健康的で、文化的な生活」を実現できる程度の「就労環境」が整ってさえいれば、人びとは「日々働く」ということに、様々な「人生の意義や目的」を持つようになります。同僚と伴にいて時間を共有すること、他者から頼られること、さらには自分なりの目標を達成して自己実現を図ることなど、働く理由は本当に多様です。

つまり、企業で働く人びとが多様になればなるほど「何のために働くのか?」という問いの答えも多様になります。けれども、そこに共通しているのは、働く各々の人が、それぞれの理由に「腹落ち」している事です。「腹落ち」しているのは、各人がとりあえず現状を「合理的」だと考えているからです。この点では、確かに人間と言うものは「合理的な存在」なのです。

ページ:

1

2

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP