オリンパスがイスラエルの医療機器会社への出資で合意

11月2日のM&A情報 他1件
オリンパスがイスラエルの医療機器会社への出資で合意

オリンパスは、2日、イスラエルの医療機器会社であるMedi-Tate社への出資について最終合意したと発表した。これには、Medi-Tate社製品を 販売する権利と、Medi-Tate社株式を100%取得できる権利が含まれる。

Medi-Tate社は、良性前立腺肥大症 低侵襲治療デバイス(BPH MITデバイス)の研究開発、製造を行う医療機器メーカー。同社の製品 「iTind」はCE認証を受け、欧州地域で販売している。今後は各国の法規制・許認可等の対応を行い、順次導入する予定。オリンパスはMedi- Tate社の技術を活用して、BPH MITデバイスのポートフォリオを拡大し、泌尿器科の事業を強化していく、としている。


ミサワホーム、豪州の住宅建設会社に出資

ミサワホームは2日、100%出資子会社であるミサワホームオーストラリア(MHA社)を通じ、豪州クイーンズランド州で戸建住宅の建設を手がけるホーム コープコンストラクションズ(HCC社)の株式51%を取得すると発表した。

HCC社は、デザイン性に優れた分譲住宅の建設を中心に成長し、2017年度の住宅着工は400戸を超えるなど、堅調に事業を拡大している。

MHA社とHCC社は、クイーンズランド州で分譲住宅5棟を建設・販売するテストプロジェクトを共同実施するなど、関係構築を進めてきた。今回の出資は、両社の協力関係をより強化し、豪州における住宅事業の本格展開を図るためのものだ、としている。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP