【軽減税率まとめ】基準が複雑な商品一覧!オロナミンCは8%でリポDは10%?

フードコートやテイクアウトは?「外食」に該当するかの判断例

「食事に使うテーブル、イス、カウンターなどの設備がある場所」が外食の定義ということは、レストランなどのほかに、「フードコート」「イートインコーナー」で食べる場合も標準税率10%になります。

ここで混乱するのが、「テイクアウトで買ったけど、やっぱりイートインコーナーで食べた」といった場合です。

結論から言うと、このケースでは軽減税率の対象となり8%になります。

つまり、イートイン(10%)テイクアウト(8%)かの判断は、購入時点での購入者の回答で決めることになります。

お店側としても、テイクアウトで購入したのに店内で食べている人を、一人ずつ厳密に確認することは難しいと想定されるので、今のところは常識の範囲内で判断することになるでしょう。

宅配ピザや出前は8%、判断の難しい屋台

弁当販売は、完成している料理を渡すだけなので、「外食」には該当せず、軽減税率8%になります。また、ピザの宅配そばの出前も、完成している料理を本人が持ち帰るか、お店の人が届けるかの違いだけなので「外食」には該当せず軽減税率8%になります。

判断が難しいのが屋台です。「食べるために用意したテーブルとイス」のように、何のために用意したテーブルやイスなのかが判断基準になります。したがって、テーブルやイスが置いてある屋台で食べるなら、「外食」に該当するので標準税率10%屋台で買ったものを近くのベンチに座って食べたら軽減税率8%ということになります。

オロナミンCは8%、リポDは10%

「酒類」「外食」「ケータリング」のほかにも、飲食料品かどうかの判断に迷うものがあります。

「一体資産」と呼ばれる商品は、お菓子におもちゃがついていたり、コーヒー豆とマグカップがセットになっていたりするような、「おまけ付き商品」のことです。これは、「税抜10,000円以下で、かつ飲食料品の金額割合が3分の2以上ならば軽減税率8%」になります。この2つの要件を満たさない場合は標準税率10%です。

例えば、セットのマグカップが高価なものである場合、飲食料品の金額割合が3分の2以上にならないため、軽減税率は適用されません。福袋などの詰め合わせ商品も同じように考えます。

また、医薬品や医薬部外品は飲食料品ではないので標準税率10%です。

栄養ドリンクのお世話になっているビジネスパーソンの方も多いと思いますが、栄養ドリンクに「医薬部外品」と書いてあれば標準税率10%書いていなければ軽減税率8%です。

具体的には、「リポビタンD」「リゲイン」10%ですが、「レッドブル」「MONSTER」「オロナミンC」8%です。サプリなども同じように考えます。

他には、「一定金額以下」という条件はありますが、老人ホームでの食事学校給食などは軽減税率の対象となります。

事業者にとってはカオス状態

ご覧のように、飲食料品の取り扱いは、一般消費者側から見てもかなり複雑です。まして飲食料品を扱う事業者側からすると、軽減税率に対応するためのシステム導入や従業員への接客指導、会計、税金処理など、カオスな状態になることは間違いありません。新しい制度なので導入後も混乱が予想されますが、消費者にとっては嬉しい負担軽減措置です。いち早く内容を理解しましょう。

◇畠山 亮洋(はたけやま・あきひろ)
税理士
株式会社セルフオーディット代表取締役
1979年東京都生まれ。食品メーカーで営業、税理士法人で管理職を務めたのち独立。
現在は主に若手ベンチャー企業と外資系企業のサポートに従事。税務業務のみならず、業務フローの構築や、会社の仕組みづくりなど、クライアントと一緒に築き上げる仕事に力を入れている。

関連記事はコチラ<<【軽減税率Q&A】テイクアウト?イートイン?マクドナルドは10%?>>

ページ:
1 2 3

4

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP