【軽減税率】オロナミンCは8%だけどリポDは10%?適用基準が複雑な対象商品一覧

軽減税率が適用されない「飲食料品」とは

ただし、飲食料品と言っても分かりづらい点が多々あります。
まず、飲食料品のうち「酒類」「外食」「ケータリング」には軽減税率が適用されません

<酒類>
基本的には標準税率10%です。
しかし、「アルコール度数が1度未満のものは、酒類には該当しない」ので軽減税率8%ということになります。
したがって、アルコール度数が1度未満の、「みりん風調味料」「ノンアルコールビール」「甘酒」などは軽減税率8%。しかし「みりん」「料理酒」「ビール」「日本酒」などは標準税率10%になります。

<外食、ケータリング>
基本的には標準税率10%です。
軽減税率制度では「外食」と「ケータリング」の定義が決まっているので、この定義に当てはまるサービスは標準税率10%になります。

以下、外食とケータリングの定義をざっくり説明します。

■外食 「食事に使うテーブル、イス、カウンターなどの設備がある場所での飲食サービスの提供」
つまり、レストラン居酒屋等が該当します。

■ケータリング 「顧客が指定する場所で、加熱・味付け・盛り付けなどを行うサービスの提供」
ケータリングは、指定された場所で、セッティングから片付けまで専門のスタッフがしてくれるサービスのことです。出張料理は、シェフや寿司職人を呼んでホームパーティーをするようなイメージです。

軽減税率適用商品一覧表

ページ:
1 2

3

4

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP