【軽減税率】オロナミンCは8%だけどリポDは10%?適用基準が複雑な対象商品一覧

軽減税率が適用される商品

軽減税率が適用される商品は、今のところ「飲食料品」「定期購読契約の新聞(紙)」です。

<定期購読契約の新聞(紙)>
新聞は、媒体や購入方法によって取り扱いが異なります。
軽減税率8%の対象になるのは「定期購読契約をした週2回以上発行される紙の新聞」です。
コンビニや売店で買う新聞は、定期購読契約をしていないので標準税率10%になります。
また、定期購読契約をしていても電子版は軽減税率の要件には当てはまらず標準税率10%です。
細かい話ですが、軽減税率の要件は「新聞の譲渡」です。電子版は「通信回線のサービス」になるため、適用外となります。
なんだかモヤモヤするところですが、電子版は要件に当てはまらず、軽減税率が使えないということを頭に入れておきましょう。

<飲食料品>
基本的には、飲食料品は軽減税率8%です。イメージとしては、スーパーなどで購入する野菜、肉、惣菜、水などが該当します。
ちなみに飲食料品かどうかは、「人が飲食できるかどうか」で判断するので、ペットフードは標準税率10%になります。

ページ:
1

2

3 4

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP