三菱重工が三菱航空機に係る資本政策を発表

10月31日のM&A情報 他1件
三菱重工が三菱航空機に係る資本政策を発表

三菱重工業は31日、連結子会社である三菱航空機に係る資本政策を発表した。

三菱航空機は現在、三菱航空機が開発する次世代リージョナルジェット機であるMRJの初号機引渡しに向けて開発活動に取り組んでいるが、2018年3月末時点で1,100億円の債務超過の状況にある。三菱航空機の資本を充実させることを目的として、三菱航空機による1,700億円の増資を実施し、三菱重工業が募集株式を引き受ける。

また、三菱重工業による融資債権の一部である500億円の債権放棄を行い、三菱航空機の債務超過を解消し、併せてMRJ開発継続のための一定の資金を確保する考えだ。


ポイントサイト運営のセレスがブロックチェーン関連企業と資本業務提携

東証1部上場でスマートフォン向けポイントサイト「モッピー」などを運営するセレスは31日、スマートフォン向けブロックチェーンプラットフォーム事業を展開するスマートアプリと資本業務提携し、セレスを引受先とする5,000万円の第三者割当増資を引き受けたと発表した。

スマートアプリでは、イーサリアム特化のDappsブラウジング機能を持つ仮想通貨ウォレットアプリ「GO! WALLET」を提供している。

セレスは、ポイントは一種の仮想通貨(トークン)であると定義。グローバルに普及している仮想通貨・ブロックチェーン技術とは、非常に親和性が高いと考えており、ビットバンクの持分法適用関連会社化、仮想通貨取引事業を行う子会社であるマーキュリーの設立、イーサリアム上のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」の提供等、仮想通貨・ブロックチェーン関連への事業展開を積極的に行ってきた。今回のスマートアプリとの資本業務提携を通じ、一層、仮想通貨・ブロックチェーン関連事業を推進していくという。

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP