オリックス、大京をTOBで完全子会社化へ

10月26日のM&A情報 他2件
オリックス、大京をTOBで完全子会社化へ

オリックスは26日、連結子会社の大京株に対し株式公開買付け(TOB)を実施すると発表した。オリックスは現在、間接所有分を合わせ、大京株式の所有割合67.95%を所有しているが、大京の普通株全株を取得し、完全子会社化を目指す。買い付け価格は1株2970円。

完全子会社化を通じ、不動産開発事業における総合力獲得の早期化、不動産流通事業及び不動産管理事業における既存ビジネスの拡大、海外での事業機会の獲得など、事業の拡大・成長を図る。さらに、オリックスのM&A機能・ノウハウを大京が活用することで、新たなM&Aの機会を確保できる可能性があると考えた。


日立がクラリオン株の売却を発表

日立製作所は26日、子会社のクラリオン株を売却すると発表した。仏自動車大手のフォルシア傘下のエナップ シス エスエーエスが19年1月にもクラリオン株に対し公開買付け(TOB)を実施する予定。買付け価格は1株2500円。日立はこのTOBに応募し、所有するクラリオン株(議決権所有割合の63.80%)をすべて売却する。エナップは買付け上限株数は設定しておらず、クラリオン株は上場廃止になる見通し。

クラリオンはカーナビゲーションシステムを手掛けており、今後はフォルシアのグループ企業として成長を目指す。


戸田建設、福島の建設会社を買収

東証1部上場の準大手ゼネコン、戸田建設は26日引け後、福島県の総合建設会社である佐藤工業の全株式を取得し、子会社化すると発表した。取得価格は開示していない。

今回の子会社化により、相互のノウハウや経営リソースを活用し、東北エリアの強固な事業基盤を確立及びシェアの拡大を目指す。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP