「ご縁」と「情熱」、お仕事のすべて。

心を据えるビジネス道 第三回

「方法」が「目的」になっていないか点検しよう!

ここで「無限の欲」とムヒカさんがいっているのは、私が言っている「小欲」「私欲」のことなのだと思います。これの効用、持ち方、使い方については、これまでの連載でいろいろとお話ししてきたものです。

一方「発展する」ことは、人類にとって「いけないこと」ではありません。むしろ良いことだと思います。
ただ、昨今のグローバル社会を見ていると「発展のために何をするか?」ということが第一の目的となってしまっているようにも見えます。

私たち人類は「幸せという『目的』」のために「発展という『方法』」があるのだ、ということを忘れてしまっているかのようです。
お金儲けも一緒です。「お金儲け」自体が「目的」となっていて、何のための「お金儲け」なのか、それが分からなくなっているように見えてなりません。

「私欲」「小欲」のためのお金儲けであれば、ムヒカさんのいう「貧乏な人」になってしまいます。
「大欲」のためのお金儲けであれば、幸せのための「お金儲け」になるはずです。

「世界一貧乏な大統領」といわれたムヒカさんを知らなかったみなさんも、一度ムヒカさんの言葉に接してみてください。きっと、皆さんの仕事の仕方、経営の方向性や人生の生き方において、大海原の中で見つけた「一点の灯台」のような、道しるべになるかもしれませんよ。

実は、ムヒカさんのことを「教えて」もらったのは、大学の同窓生のパーティー。乾杯の音頭を取っておられた元大使の先輩のスピーチの中でのことです。
この時、初めて私は、ムヒカさんのことを知ったのです。「空海さん」「正篤さん」もそうですが、直接会うだけが「ご縁」ということではなく、こんなことも「ご縁の輪の中」として、大事に大事にしています。

「仕事」というのは「ご縁」と「情熱」、私はこの二つに尽きると思っています。
何かに出会わなければ、どんな仕事もビジネスも始まりません。そういう意味では「ご縁」が、すべての始まりといっても過言ではないと思っています。

ですから、私は決して自分からは、どんな「ご縁」でも切ることをしないという「誓い」を立てています。相手から離れてしまう「ご縁」というのは、どうしようもないので致し方ないと思っていますが、自分からは絶対に切らない。
仕事でもプライベートでも、他人にたくさん助けてもらったことがあるのですが、この「ご縁」で助けていただいたことが、ほとんどだと思います。

ページ:
1

2

3

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP