ゼンショーHD、北米と豪州で4000店舗超の持ち帰り寿司店を運営する企業を買収

 

10月16日のM&A情報  
ゼンショーHD、北米と豪州で4000店舗超の持ち帰り寿司店を運営する企業を買収

ゼンショーホールディングスは16日、米国、カナダ、豪州で寿司のテイクアウト店を運営する Advanced Fresh Concepts Corp.(AFC)の全株式を取得し子会社化すると発表した。取得価格は2憶5710万ドル。

ゼンショーグループは、フード業を幅広く、グローバルに展開しており、グループシナジーの追求と業容の拡大を行いながら、フード業世界一を目指している。一方、AFCは、米国において約3700店舗を展開するテイクアウト寿司のナンバー1企業であり、カナダ、豪州を合わせると、4000店舗超を主にFCで展開している。

ゼンショーHDは、今回の株式取得により、この4000店舗を超えるネットワークをグループ内に取り込むとともに、メニュー開発、食材調達、物流、店舗運営、店舗立地開発等の各分野においてゼンショーグループとのシナジー効果を発揮し、さらなる業容拡大を期待できると判断。これにより、ゼンショーグループの海外事業の成長力を更に強化する考えだ。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP