「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?

【PR】

すべての人が知っておくべき採用・人材ビジネスの実態

転職させない転職エージェント

不要な転職や間違った転職を繰り返して失敗してしまう方が多い背景には、転職を支援してくれるエージェントや求人メディアが、受け入れ先企業からの「成功報酬」という甘い汁を頼りに事業経営していることが挙げられます。

多くの企業にとって、人手不足は深刻な問題です。人材の獲得競争が激しくなるにつれ、転職エージェントや求人メディアに高い「成功報酬」を支払ってでも、人材を確保したいのが本音です。「人手不足」を解消したい企業側と、少しでも良い職場環境を求める転職希望者とをマッチングさせる転職エージェントや求人メディアは、時代に即した非常に優れた仕組みだとも言えます。

問題は、多くの転職関連事業者が自社の売上を伸ばすために「とにかく転職させればいい」という考えを持ってしまっていることです。「成功報酬型」の形態を取っている多くの転職関連事業者にとっては、一人でも多くの転職希望者を効率的に転職させることが重要です。したがって、法人営業担当者や転職希望者のキャリアカウンセラーには、過酷なノルマが課せられているのが実態です。

また、人材紹介業では一般的に、初年度想定年収の30%~35%を企業側から「成功報酬」として受け取ります。年収額が報酬に直結するわけですから、母数の年収が上がれば上がるほど、転職エージェントや求人メディアにとっては「美味しい」のです。

ですから当然、転職希望者にとって多少不利な条件があったとしても、少しでも年収の高い企業へ転職を薦める情報が多く発信されます。残念なことに、転職希望者のキャリアアップを第一に考えて冷静な判断を下す事業者はとても少ないのが現実です。

「待遇が良くなる」と言われれば当然、転職希望者もキャリアアップできた気になってしまいます。目の前に提示された高待遇に飛びつき、環境や職務内容が希望条件に満たしていなくても、妥協して転職した結果、失敗してしまう方が非常に多いのが残念でなりません。

なぜ転職エージェントなのに上司への提案資料も一緒につくるのか

与えられた情報に踊らされることなく、正しい判断をするのに一番大切なことは、客観的に自分の状況を分析することです。転職を決意される方の多くは、現状に何かしらの不満を持っています。ですが、一時的な感情や思い込みで決断する転職こそ、不幸を招きがちです。

今の職場で満足いく結果が得られていないのは、本当に環境のせいなのでしょうか?自分の仕事や考え方に改善の余地はありませんか?一時的な不満の解消策として「転職」の道を選ぶのは、危険なギャンブルと言わざるを得ません。

長く業界に属していると、転職で憂き目にあった方を何人も目の当たりにしてきました。こうした方々を一人でも無くすため、SoysauceRecruitmentでは、転職希望者の「転職したい」という想いの背景を紐解きながら、最適な解決策を提示しているのです。

私たちも「転職したい」という意志は尊重して話を伺います。その上で、転職希望者の心の中の本質を読み解くのが、私たちの第一の仕事だと考えています。

転職するのではなく、今の環境のまま問題を解決できる方法があるのなら、それが最優先です。転職希望者の方と一緒に、上司へのアプローチの仕方を考えることもありますし、提案資料を作ることもあります。

転職希望者の方と綿密に話を重ねた結果、もちろん転職をおすすめするケースもあります。その場合には、大手はもちろん、中小・ベンチャーを含め、どんな企業であれば最大限に力を発揮できて、成長できて、かつ、高待遇で受け入れてもらえるのかを独自の情報網やデータから多角的に分析・検討し、助言しています。

ページ:
1

2

3

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP