「兼業・副業」禁止の企業が7割 「長時間労働助長」懸念

リクルートキャリア意識調査

「働き方改革」の一環で政府が推進している「兼業・副業」について、禁止している国内企業が7割以上に上ることがリクルートキャリアの意識調査で分かった。「容認・推進」している企業は増加傾向にあるものの、依然として浸透していない実態が浮き彫りになった。(Soysauce Magazine Online編集部)

兼業・副業を容認・推進・禁止している割合出典:リクルートキャリア「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」

長時間労働の助長を懸念

調査は国内企業の人事部もしくは管理職の正社員を対象に、WEBアンケート形式で今年9月に行われ、2271人から回答を得た。調査結果によると、兼業・副業について71.2%が「禁止している」と答えた。禁止の理由には「社員の長時間労働・過重労働を助長するため」(44.8%)が最も多く、「労働時間の管理・把握が困難なため」(37.9%)、「情報漏えいのリスクがあるため」(34.8%)と続いた。将来的な容認についても約6割が「検討していない」と答えた。

兼業・副業を禁止している理由
出典:リクルートキャリア「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」

人材育成に期待も

一方、兼業・副業を推進・容認している企業は28.8%で、2017年2月発表の前回調査から5.9ポイント増加。主な理由には「特に禁止する理由がない」(42.5%)、「社員の収入増につながる」(38.8%)、「人材育成・スキル向上につながる」(24.2%)といった意見が並んだ。

兼業・副業を推進/容認している理由
出典:リクルートキャリア「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」

 

従業員規模別でみると「10-49人」の企業が45.4%と高水準だったが、「300人以上」は22.3%に留まり、企業の規模が大きくなるにつれて禁止する傾向が強いことがわかった。業種別では際立った差はなかった。

従業員規模別の推進・容認状況
出典:リクルートキャリア「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」

 

関連記事

  1. 人は何のために働くのか:人事管理の根本

  2. 「組織なき幸せ」~人事管理3.0

  3. プロダクション エクストリーム

    【エクストリーム社長 佐藤昌平】デジタルクリエイターのプロ集団を作った「人財育成」の極意

  4. 地方創生 東京一極集中 ベネフィット・ワン

    世界的にいびつな構造「東京一極集中」は五輪後に終焉する

  5. 松下幸之助

    【松下幸之助】「3,000台じゃなく30万台作れ!! 残ったらワシが全部買うてやる!!」

  6. 横浜市の中学校には給食がないことを知っていますか?

  7. 健康経営

    優良企業1,300社が取り組んでいる!!「健康経営」って何?

  8. 《観る》コンテンツで「魅せろ!」が、IRの成功の核になる

  9. じげん

    【じげん社長 平尾丈】異次元速度で急成長、1部上場ベンチャーの「動力」

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス
  4. 就活ルール
  5. オーダースーツ
  6. ドイツ人の生産性

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?【PR】
  2. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら【PR】

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP