レンゴー、英国の重量物包装資材メーカーへ資本参加

10月12日のM&A情報 他2件
レンゴー、英国の重量物包装資材メーカーへ資本参加

板紙・段ボールケースメーカーのレンゴーは12日、連結子会社であるトライウォール社が、同社の100%出資子会社を通じて、英国に本社を置くローズウッド・マニュファクチャリング・ホールディングス社(ローズウッド社)に出資し、株式の51%を取得したと発表した。

ローズウッド社は、傘下に事業会社3社を有し、重量物および一般段ボールケースならびに木材梱包を製造・販売する。

レンゴーは、トライウォールグループを通じて、重量物段ボール関連の包装資材事業をグローバルに展開している。今回、ローズウッド社をグループに加えることにより、英国における供給体制の充実を図り、より幅広い包装ニーズに応えるとともに、事業の一層の拡充を推進する考えだ。


イオンとフジが資本業務提携

イオンと四国最大のチェーンストアであるフジは12日、資本業務提携契約を締結したと発表した。イオンは19年2月末を目途にフジの発行済株式総数の最大15.0%を既存株主から相対で取得する予定。また、19年3月以降にフジはイオンの子会社であるマックスバリュ西日本株式をイオンから取得する予定。株式数は今後協議の上決定する。

フジは、四国4県、広島県、山口県で96店舗を展開する。両社は、「中国・四国エリアでNo.1の事業連合体」を目指し、資本業務提携で合意した。今後、事業連合体として2021年以降、売上高1兆円達成を目標に、更なる関係の深化を模索し、両社の企業価値向上を図る。


デンソー、組込みソフトウェア開発のイーソルに出資

デンソーは12日、車載用電子プラットフォームの開発を加速するため、組込みソフトウェアの開発を行うイーソルに出資したと発表した。出資額は約1億7000万円で出資比率は約2%となる。

イーソルは、組込みOS技術をはじめとする高度なソフトウェア技術を有しており、車載用ソフトウェアの仕様策定にも貢献している。

デンソーは、2016年にイーソル、通信系装置開発の日本電気通信システムと合弁会社、オーバスを設立し、自動車メーカーなどのユーザーにとって使いやすい車載用の基本ソフトウェアの開発を行ってきた。今回、車載用電子プラットフォーム開発の重要パートナーとしてイーソルに出資することで、連携をより強化し、次世代の車載用電子プラットフォームの開発を加速させる考えだ。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP