ドンキHDがユニーを完全子会社化、ユニー・ファミマHDはドンキHDを持ち分法適用会社化

ドンキホーテホールディングス(ドンキHD)は11日、ユニー・ファミリーマートホールディングス(ユニー・ファミマHD)傘下の総合スーパー、ユニーの全株式を取得し完全子会社化すると発表した。同時にユニー・ファミマHDは同社の完全子会社がドンキHD株を公開買い付け(TOB)で持ち分法適用会社とすることを発表した。

ドンキHDによるユニー株の取得額は282億円。ユニー・ファミマHDによるドンキHD株のTOBは、買付け価格は6600円。買い付け予定株数はドンキHD株の20.17%を上限とする。買付け予定金額は約2119億円。ドンキHDの上場は維持し、2019年2月にパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスに商号変更する予定。

ドンキHDとユニー・ファミマHDは17年8月に資本・業務提携し、ドンキHDはユニーに40%出資していた。18年2~3月には、6店舗について、ユニーの従来からの強みである食品事業と、ドンキHDが持つアミューズメント性の強い時間消費型店舗のノウハウを融合させた「MEGAドン・キホーテUNY」に店舗形態し、新たにオープン。8月までの売上高が前年同期比で90%増となるなど、好調に推移している。今後、両社が一体となり、スピード感をもってアミューズメント性を強みとした新たなリアル店舗を創出することにより、両社の店舗の競争力を高めることが可能になると判断し、ユニーを完全子会社化する判断に至った。

一方、ユニー・ファミマHDとドンキHDは、コンビニエンスストア事業でも連携を実現している。ドン・キホーテ店舗の品揃えや売場づくり・運営手法を取り入れ「お買い物の楽しさ」を追求した共同実験店舗として、18年6月に、ファミリーマート3店舗をリニューアルオープン。リニューアル前の日商を上回るなど、好調な成績を収めている。ユニー・ファミマHDはスーパー事業を切り離し、コンビニエンスストアに経営資源を集中させ、ドンキHDとの連携を強化することで競争力を高め、収益力の強化に取り組む考えだ。

関連記事

  1. オリンパスがイスラエルの医療機器会社への出資で合意

    オリンパスがイスラエルの医療機器会社への出資で合意

  2. IPO初値アップ

    ギフトの初値は公開価格比78%高の3,710円 DIシステムは初日値付かず

  3. 音響機器販売・施工のヒビノが業務用映像・音響機器販売のテクノハウスを買収

    音響機器販売・施工のヒビノが業務用映像・音響機器販売のテクノハウスを買収

  4. ニュース 速報

    日本電産、伊モーター会社を買収

  5. ニュース 速報

    CookpadTV、三菱商事から40億円の資金調達

  6. ニュース 速報

    ビジョナリーHD、眼鏡輸入卸を子会社化

  7. サニーサイドアップ、シリコンバレー発の住宅開発会社にPR提供型投資

    サニーサイドアップ、シリコンバレー発の住宅開発会社にPR提供型投資

  8. ニュース 速報

    KDDI、カカクコムと資本業務提携

  9. ダイキアクシスが松山市の上下水道事業企業を買収

    ダイキアクシスが松山市の上下水道事業企業を買収

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス
  4. 就活ルール
  5. オーダースーツ
  6. ドイツ人の生産性

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?【PR】
  2. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら【PR】

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP