有給取得率ほぼ100%、でも生産性は日本の1.5倍 ドイツ人の働き方と休み方

「自律心」の日本、「自立」するドイツ

ドイツ企業が、100%近い有給休暇取得率や限界的な労働時間、相対的に高い生産性を実現できる背景には何があるのでしょうか。

あくまで私の経験からですが、日本企業で行われているような「定時退社奨励月間」や「所定外労働時間の事前承認制度」、「休暇取得の人事評価への反映」、「休日イベントへの誘い」などの延長線上には、決してないように思います。

ドイツ人と日本人の働き方・休み方を比較して、私が感じる一番の違いは、「自立と自律」です。

日本人はとても高い「自律心」を持っています。自らを律することにおいては、世界に比肩のないレベルではないでしょうか。大災害に見舞われてもすぐに互いが助け合い、混乱に乗じて暴動を働く者はほとんど見られません。支援物資の配給でも列を乱すことなく、秩序だって待ち受ける。レストランでも、列車を待つ間でも、皆さん整然と行列しています。

他方で、ドイツ人は「自立心」が旺盛です。自分の仕事、いわゆるジョブアサインメントを明確に持っています。その責任を果たす限りにおいては、他人に遠慮して「付き合い残業」をすることなど、まずあり得ません。一人一人が独立し、尊厳される個人として対等な立場であるという考え方が根底にあるように見受けます。

ですからドイツのサービス業には、日本のような「おもてなし」は容易に期待できません。愛想が少ないと感じることはしょっちゅうです。ドイツでは、お客様は大切ですが、決して「神様」ではありません。顧客との関係はあくまでサービスとお金の等価交換であるという考えがあります。

会社組織においても、上司とは人間的な上下関係(例えば先輩・後輩など)では決してなく、ある意味で「役割」の関係です。つまり、部下が上司の指示に従うのは、それが人間的な上位ポジションにいるからではなく、あくまで「役割」を果たす限りにおいて、従うということです。「上司」という役割を果たしてこそ初めて部下がついてくるので、「上司だから」の一言では何も始まりませんし、部下も動きません。

「自律」と「自立」にはどちらも長所・短所がありますが、とりわけ日本人のような「自律心」は行き過ぎると、他を忖度し過ぎ、また場の空気を読み過ぎ、必要な意思疎通を自主規制してしまうリスクがあります。上司の意向を忖度するあまり、不要な仕事まで準備してしまうことや、自分の仕事は終わっているのに上司や同僚が残っているせいで帰宅しづらく感じることもあるでしょう。

日本人はどう生きるか

休暇についての意識も同様です。ドイツでも日本同様、休暇の取得は上司に申請することが一般的です。でも、だからと言って、休暇を「上司から頂くもの」と考えるドイツ人は皆無だといって良いと思います。

日本では月曜日から金曜日を「平日」と呼びます。一方、ドイツでは「Werktag =(作業する日)」、つまり「働く日」と呼ぶのです。日本では働くことは「義務」ですが、ドイツではそもそも働くということは「苦役」を意味します。したがって、休日は「安息日」と捉えるのです。労働という苦役から開放される安息の時間、という位置づけに見えます。

改めてドイツ人の休暇取得や休日の過ごし方を思い出してみると、長期休暇を取って家族と旅行に出かけたり、休日に森を散歩したりと、どこかとてもゆったりとした過ごし方をする知人や同僚が多かった印象です。休暇取得率向上のため、会社が気を遣って休日イベントを用意することなど聞いたことがありません。

もちろん、制度や企業風土を根付かせるにあたり、日本には日本流のやり方があるのは当然です。私もいたずらにドイツ人を真似ようと申しているわけでは決してありません。

ただし、我々日本人が生産性の向上を焦眉の急とするならば、高すぎる「自律」の短所を認識し、より「自立」した働き方・休み方を考えてみる価値はあるのではないでしょうか。

「どう生きるか」というテーマの本が書店で山積みにされ、ベストセラーになっている今日の日本においては、ドイツ人の自立した働き方・休み方、そして生き方は極めて興味深い示唆になるのではないでしょうか。

◇隅田 貫(すみた・かん)隅田貫
日独産業協会特別顧問
カンマネジメントオフィス株式会社代表取締役社長
1959年、京都府生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、MUFG(旧東京銀行)に入行。3回(計10年以上)にわたるドイツ・フランクフルト勤務を経て、2005年よりドイツのメッツラー・グループフランクフルト本社で日系機関投資家を対象とした投資顧問業務を担当。20年にわたるドイツ勤務経験を活かし、日独産業協会特別顧問として日独経済人の懸け橋として尽力している。

ページ:
1

2

月間人気記事ランキング

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP