日産連合、グーグルと提携

日産自動車・三菱自動車・仏ルノーの3社連合は18日、次世代の車載情報システム分野で米グーグルと技術提携を結んだと発表した。

世界で最も普及している基本ソフト(OS)であるグーグルのAndroidを使用し、カーナビなどの各種機能を充実させ、ネットワークに接続して情報をやり取りする「コネクテッドカー」の普及を加速させる。2021年の3社の車両から搭載させる。

次世代の車載情報システムでは、車に搭載した音声認識機能を使い、メールを送ったり、レストランを探したりすることが可能になる。車両の異常を遠隔診断し、ドライバーに点検や修理を周知することもできる。 

3社連合で事業開発を担当するアライアンスシニアバイスプレジデント(SVP)のハディ・ザブリット氏は、「Google マップ、Google アシスタント、Google Play ストアなど、多くのユーザーが慣れ親しんでいるGoogleのアプリケーションやサービスに加え、パワフルかつシームレスなコネクテッド体験を我々の車両を通して提供していく」とコメントした。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP