トヨタ、ウーバーに550億円出資

トヨタ自動車は28日、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズに5億ドル(約550億円)を出資すると発表した。自動運転技術を活用したライドシェアサービスの開発促進や市場への投入を目指し、協業を拡大。両社の技術を搭載したライドシェア専用車両を、ウーバーのライドシェアネットワークに導入する。

トヨタのミニバン「シエナ」が自動運転モビリティサービス専用車両となる。コネクティッドカーの基本的な情報基盤として機能する「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」に常時接続するとともに、ウーバー社の自動運転キットとトヨタのガーディアン(高度安全運転支援)システムを搭載。2021年にウーバー社のライドシェアネットワークに導入する予定だ。

トヨタ副社長でトヨタコネクティッドの友山茂樹社長は「世界最大のライドシェア企業の一つであるウーバー社との提携は、トヨタがモビリティカンパニーへと変革する上で、重要なマイルストーンになる。両社の技術とプラットフォームを連携させたライドシェアサービスは、安全で安心な自動運転モビリティサービスの実現へ向けた一つの道筋になると考えている」とコメント。ウーバーのダラ・コスロシャヒCEOは、「今回の協業は、ウーバー社にとって前例がないものであり、常に世界水準の技術を自社のネットワークに導入するという決意を示している。我々の目標は、ウーバー社のネットワークに、世界で最も安全な自動運転車を投入することであり、今回のトヨタとの合意はその実現に向けた大きな一歩になる」と談話を発表した。

両社は、協業を通じ導入する量産型の自動運転車両の運営や、第三者を含む運営会社についても検討していく。

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP