Bリーグ・千葉ジェッツの成功は「密着」じゃない、「地域愛着」という名の戦略

ビジネスで地域愛着

地方創生 スポーツ
©CHIBA JETS FUNABASHI

地名をチーム名に冠するプロスポーツクラブには元来、本拠地のある地域を盛り上げるという使命がある。一般的に「地域密着」というと、地元のイベントや学校訪問に現役選手が参加し、住民と触れ合う「ファンサービス」を想像するだろう。しかし、千葉ジェッツの掲げる「地域愛着」は随分と趣が異なる。

島田社長は力を込める。

「事業として稼ぎ、地域に還元する。宿泊施設や飲食店の集客にも貢献する。地域のためになるということは、ビジネスとして評価を受けることが何よりも大事です。ファンサービスはもちろん重要ですが、いくらファンサービスに力を入れても、コンテンツとして価値のないものは応援してもらえないし、観客動員数やスポンサーを増やすことにはつながらない。『地域密着』という言葉に逃げるのではなく、自分たちの価値を上げる努力をして、スポーツが地元を支えるくらいの感覚で経営する必要があります」

スポーツ業界には、ファンやスポンサー企業、自治体をはじめ、商店街、地元政治家、学校など挙げればきりがないほどにステークホルダーが多い。島田社長は、彼らステークホルダーときちんと対峙していくことを地域ビジネスの肝に据えている。だからこそ、地域との信頼関係や絆を構築することに全力を尽くすために、必要とあらば経営破綻寸前の状況でも社員数を削るどころか増やすという改革に出たのだ。

「我々はIT企業のように、インターネットを通じて世界中の顧客を相手にしているわけではない。地元に嫌われたら死んだも同然です。ただし、地元に寄り添って、支えてくださいとお願いしているような状況を続けているだけではダメ。みんなが必要としてくれて、応援しようと思ってくれる状況になった時、地元の人たちにとってジェッツが存在していることの意義は高まり、価値ある状態と言えます」

千葉ジェッツの目指す究極の地方創生

地方創生 スポーツ
©CHIBA JETS FUNABASHI

人口減が進み、地方の衰退が叫ばれる中、かつてのように地方自治体が企業や工場を誘致し、雇用を生んで税収を確保するという地域活性化のビジネスモデルは限界を迎えている。

島田社長がバスケで目指す地方創生とは何か――。

それは、スポーツの力で「産業を生み出すこと」だ。「スポーツには人を吸引する力がある。我々が地元に産業を作ることができれば、そこにお金が生まれ、雇用も生まれ、活力が生まれる。行政の支援を仰ぐだけではなく、むしろ地元にお金を集めるために、我々が地域に協力する。それにより貢献度を高めていく事が、スポーツにおける究極の地方創生だと思うんです」

実際、千葉ジェッツがきっかけで船橋市へ転居したという熱心なファンも現れ始めている。島田社長が目指す「究極の地方創生」に少しずつ近づいている証拠だ。「我々がきちんと存在感を発揮するような経営をすれば、スポーツの力で地域を元気にできる。まさに地方創生です。我々千葉ジェッツは、Bリーグの中でいの一番にここを突破してやろうと思っています」

ページ:
1

2

3

月間人気記事ランキング

  1. 平成 変化

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP