JR九州、アリババと提携

JR九州は23日、中国の電子商取引(EC)大手のアリババグループと戦略提携すると発表した。電子決済サービス「アリペイ」の利用環境整備で中国人観光客を増やし、九州の経済活性化につなげることが目的。

アリババが運営する旅行サイト「フリギー」で九州の観光地や温泉、食、文化を集中的に紹介し、誘客を実施する。JR九州は魅力的な観光のモデルルートを提案し、中国人が利用しやすい観光列車を用意するほか、九州地域の企業へアリペイの導入促進を図る。

アリペイは中国で6億人以上が日常的に利用するとされており、JR九州は2023年度に中国から九州へ100万人(アリババ経由で50万人)の送客を目指すという。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP