旭化成、米自動車部品大手を約800億円で買収

旭化成は19日、米自動車内装材製造会社「セージ」を約7億ドル(約791億円)で買収すると発表した。セージの純有利子負債を加えた買収額は10億ドルを超えるとみられる。セージ株を持つクリアレイクキャピタルと合意した。

旭化成は、マテリアル領域の重点分野の一つとして自動車向け事業の拡大を図っている。セージはカーシート市場で高いシェアを持ち、世界の自動車大手と取引がある。近年は自動運転やコネクテッドカーなどの登場で、自動車内装材は高級化が進んでおり、デザインや品質に定評のあるセージの需要を見込んだ。

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP