【3分でわかる!】平成30年間で変わった日本人の生活

平成の30年間で、日本人の生活は劇的に変わった。変化が特に顕著だったものを、項目別にみてみよう。(Soysauce Magazine Online編集部)

平成 変化

■電話

平成 変化

平成30年間で起きたライフスタイルの変化の代名詞といえば、なんといっても携帯電話の普及だろう。総務省の情報通信統計データベースによると、平成元年(1989年)度末の携帯電話・PHSの加入数は約49万件で、普及率はわずか0.4%だった。直後にはポケベルも流行したが、携帯電話の機能がどんどん進化し、普及率は平成12年(2000年)度末に初めて50%を超えた。スマートフォンが一般化した今では2台持ちも珍しくなく、昨年12月末の加入数は1億7000万件を超え、普及率は133.9%に及んだ。

一方で、固定電話は携帯電話と反比例するように減少した。加入電話・ISDNの加入数は平成9年(1997年)度末の約6300万件をピークに減り続け、昨年12月末は当時のおよそ3分の1にあたる約2100万件。今では受話器の取り方を知らない新入社員が話題になるほど、固定電話離れは進んでいる。

■インターネット

平成 変化

平成28年(2016年)の調査では、インターネットの普及率(1年間に利用したかどうか)は世帯で85.6%、個人で83.5%。高齢化が進んでいることを考慮すれば、ほとんどの世帯・個人がインターネットを利用していることがわかる。従業者100人以上の企業では、ここ数十年ほぼ100%がインターネットを利用している。もはやインターネットなしの生活は考えられないが、一般に普及したのはここ20年ほどだ。平成9年(1997年)の普及率は世帯で6.4%、個人で9.2%に過ぎず、従業員100人以上の企業でも7割に満たなかった。

■平均寿命

平成 変化

5年ごとに集計している厚生労働省の統計によると、日本人の平均寿命は、平成2年(1990年)には男性が75.92歳、女性が81.90歳だったが、平成27年(2015年)には男性が80.75歳、女性が86.99歳と25年間で5歳前後伸びた。現代は「人生100年時代」と言われ、2050年には女性の平均寿命が90歳を超えるとも予測されている。

■社会保険料

平成 変化

気になる社会保険料は、平均寿命が伸びるにつれて高くなっている。国民年金は、平成元年(1989年)には月8000円だったが、毎年改定されて今年度は1万6340円。厚生年金は平成5年(1993年)までは男女で料率に差があり、同年は男性が14.5%、女性が14.45%だった。年金制度改正に伴い平成16年(2004年)から段階的に引き上げられていたが、昨年9月をもって引き上げが終了し、18.3%で固定されることとなった。

■給料

平成 変化

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、サラリーマンの平均年収はバブル絶頂期の平成元年(1989年)に始めて400万円を突破。ピーク時の平成9年(1997年)には467万円を記録した。しかしそこからは減少の一途を辿り、リーマン・ショック直後の平成21年(2009年)には400万円を割り込みそうなところまで落ち込んだ。その後は「アベノミクス」効果もあって景気は徐々に上向き、平成28年(2016年)には421万円まで回復している。

■日本の外国人

平成 変化

都内では今や街で見かけることが当たり前になった訪日外国人は、平成の後期に入ってから急増した。日本政府観光局の統計データによると、平成元年(1989年)に283万人だった訪日外客数は、平成28年(2016年)には約10倍となる2400万人にまで増加した。特に近年の伸び率が顕著で、平成24年(2012年)以降は前年の20~50%弱の伸び率を記録。円安を背景に、観光政策も一定の成果を上げているようだ。

■海外の日本人

平成 変化

海を渡って生活する日本人の数は、この30年間で2倍以上に増えた。外務省の海外在留邦人数調査統計によると、平成元年の海外在留邦人数は、3か月以上滞在の長期滞在者と永住者を合わせて約58万人。そこから毎年増え続け、昨年は約135万人が海外で生活していた。国別にみると、中国が平成24年をピークに減少している一方、近年はオーストラリアやタイなどの伸び率が顕著だ。

<<【3分でわかる!】平成30年間の主要ニュース>>

関連記事

  1. 受験者5年で4割減!「AIで消える仕事」筆頭の税理士が、実はなくならないこれだけの根拠

  2. 小泉元首相 インタビュー

    【小泉純一郎】「自民党をぶっ壊す」。与党も反対、退陣覚悟で断行した「郵政解散」の裏側

  3. 【移民】あしたから上司が外国人になっても、語学勉強は後回しでいい理由

  4. 転職させない転職エージェント

    「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?【PR】

  5. 林文子横浜市長

    【林文子横浜市長】「住みたい街1位」の横浜は東京との経済格差を埋められるか

  6. IR法案で「日本版カジノ」がスタートするのは、早くても2024年

  7. オーダースーツ

    失敗しないはじめてのオーダースーツ選び

  8. AI 自動車産業

    トヨタもあと10年!? AI、EV、シェアリングで激変、自動車業界の新勢力図

  9. トヨタ×ソフトバンク

    「トヨタ×ソフトバンク」の真の狙いは「MaaS」の海外協働にあり

人気記事

  1. ノーベル賞
  2. 地方創生 スポーツ
  3. 気配り ビジネス
  4. 就活ルール
  5. オーダースーツ
  6. ドイツ人の生産性

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. 転職させない転職エージェント 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?【PR】
  2. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら【PR】

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP