大塚製薬、米バイオベンチャーを買収

大塚ホールディングスは11日、完全子会社の大塚製薬が米バイオベンチャーのビステラを買収すると発表した。買収額は4億3000万ドル。2018年第3四半期中に完全子会社化の手続きを完了する。

ビステラは、タンパク質の機能に必須と考えられる部分の立体構造をコンピューター上で推定し、最適な抗体構造を発見して抗体医薬を設計する独自のプラットフォーム技術を持つ。大塚製薬は従来の低分子創薬に加え、新たに抗体創薬基盤を獲得することで、更なる医薬品開発を進める。大塚製薬の樋口達夫社長は「お互いの文化、技術、人材を融合することで、強力な新薬創出エンジンになることを期待する」とコメントしている。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP