ニコン、眼科用医療機器商社を買収

ニコンは9日、眼科用医療機器の輸入、販売を手掛ける中央産業貿易を買収すると発表した。完全子会社化する手続きを進め、2015年に子会社化した英オプトスと経営統合して新会社「ニコンヘルスケアジャパン」を設立させる。

中央産業貿易は、日本市場でオプトス製品をはじめとした眼科用医療機器の販売やアフターフォロー、メンテナンスを手掛けている。全国の主要都市に営業拠点を持ち、眼科用医療機器の幅広い販売ネットワークを構築している。

ニコンは15年に網膜画像診断機器市場で世界的シェアを誇るオプトスを完全子会社化しており、両社を統合することで眼科用医療機器の販売やサービスで相乗効果を発揮させ、グループ全体の販売体制強化を図る。

月間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

連載・特集

松下幸之助

PR

  1. EnCube(インキューブ)の効果は嘘?日本人が英語を話せない本当の理由
  2. 「転職させない」転職エージェントが考える真のキャリアアップとは?
  3. もしドラ 村瀬弘介 もし現代の経営相談をドラッカーが受けたら

《絶賛販売中!》Soysauce Magazine 創刊号

ソイソースマガジンオンライン
PAGE TOP